2017年05月01日

山口新聞 「東流西流」5月1日

ふとしたことから、お受けした「山口新聞・東流西流」
5月・6月  計8回
IMG_1202.JPG
上手く校正いただきありがとうございます。

どうして らんぷ
 
 「すおうらんぷ」をスタートしたのが、平成25年9月だが、よく質問をいただく。「どうして らんぷを始めたのですか?」そのお答えをさせていただきながら、いつも 自分で再認識させていただく。
 らんぷは皆が小学生の頃見ていたアルコールランプと一緒です。怖くもあり、優しくもある。自然の炎が灯ります。それは電気でもなく、作られたものでもなく自然の「ともしび」です。
「ともしび」は時空を超えて存在しています。「時」太古の時代から、戦国時代・幕末・現在・そして 未来にも。「空」地球上のどこでも、英国でも・米国での、東北でも…存在している。そんな炎を眺めてみてください。
テレビを消して、炎を眺めてみてください。いつもと違った時間が在ります。卑弥呼も眺めていただろう豊臣秀吉も眺めていただろう。自身が20代の血気盛んな時も初恋でドキドキしていた時も存在していた。 そんな空想をしながら観てください。そんな時間が素敵だと感じます。
好きな音楽を聴きながら。好きなお酒を飲みながら、ランプの炎を見つめみてください。贅沢な時間がそこにはあります。慌ただしい毎日の中、そんな ゆっくりした時間が在ってもいいと思います。
その二 それは山口市ならではの事例からです。
posted by Pちゃん at 07:23| 山口 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする