2016年12月12日

周南冬のツリーまつり@

002 - コピー.jpg



「すおうらんぷ」がスタートして、多くの方に質問をいただく。
どうして ランプを始めてのですか?
・「長年 周南冬のツリーまつりに関わらさせていただいて…」から始まる。
その「周南冬のツリーまつり」を私なりに整理してみた。

@戦後まもなく 復興のシンボルとして徳山駅からの北東に延びる大きな通りが作られた。当時 滑走路でも作るのかと ともいわれたそうだ。
その後 その御幸通りの両脇にヒマラヤスギは植樹された。
さらにコンビナート夜景をイメージして 七色の電球電飾が施された。
当時としては かなり大胆な発想だったはず。
それは ヒマラヤスギの成長とあわせて、大きくもなり、イルミネーションの本数も増えていった。
当時 ここまでのイルミネーションは全国でも珍しく、点灯式は全国ネットで毎年のように生中継されていた。
posted by Pちゃん at 07:11| 山口 ☁| Comment(0) | 周南冬のツリーまつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: