2017年06月04日

山口新聞 東流西流

山口新聞
「東流西流」 5・6・月  毎週月曜日に投稿させていただいている。


ランプナイトD.jpg

「ランプに炎がともる様子を皆さんに見てほしい」。そう思いつき、考え付いたイベントの開催場所は街の真ん中。徳山商店街のさらに真ん中にあるのが中央街商店街。その名の通り中央・銀座通りと銀南街通りの間の昭和感の漂う路地に昔ながらの通りがあり、ちょうどいい場所が空いていた。満室・満席・満車 
和菓子店「寿美屋」さんの向かいにある元呉服店の場所。反物が入っていた箱がちょうどいい大きさ。ランプを置いて炎をともすとその趣、影が映し出される。電気をつけなければ暗くする必要性もない。アンティークなランプがそのまますてきに映る。炎が多くともると、それだけでもほのかに温かい。満室・満席・満車 
このイベントはテレビに取り上げられ、放映された翌日には、岩国、柳井、防府、山口など県内各地から大勢の人にご来場いただいた。特に、カメラ愛好家の方々にはランプが絶好の被写体になるという新たな発見もあった。街にあるいろいろなシーンとランプの明かりで新たな空間が生まれそう。満室・満席・満車 
神社、お寺、酒蔵、しょうゆ蔵、ジャズバー、港…いつもの場所ではあるが、そこにランプの炎がともることにより普段と違った空間となり、違った時間が流れる。次回は小さな神社のお話です。
満室・満席・満車(周南市、すおうらんぷ代表)満室・満席・満車
続きを読む
posted by Pちゃん at 08:46| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

山口新聞 「東流西流」5月1日

ふとしたことから、お受けした「山口新聞・東流西流」
5月・6月  計8回
IMG_1202.JPG
上手く校正いただきありがとうございます。

どうして らんぷ
 
 「すおうらんぷ」をスタートしたのが、平成25年9月だが、よく質問をいただく。「どうして らんぷを始めたのですか?」そのお答えをさせていただきながら、いつも 自分で再認識させていただく。
 らんぷは皆が小学生の頃見ていたアルコールランプと一緒です。怖くもあり、優しくもある。自然の炎が灯ります。それは電気でもなく、作られたものでもなく自然の「ともしび」です。
「ともしび」は時空を超えて存在しています。「時」太古の時代から、戦国時代・幕末・現在・そして 未来にも。「空」地球上のどこでも、英国でも・米国での、東北でも…存在している。そんな炎を眺めてみてください。
テレビを消して、炎を眺めてみてください。いつもと違った時間が在ります。卑弥呼も眺めていただろう豊臣秀吉も眺めていただろう。自身が20代の血気盛んな時も初恋でドキドキしていた時も存在していた。 そんな空想をしながら観てください。そんな時間が素敵だと感じます。
好きな音楽を聴きながら。好きなお酒を飲みながら、ランプの炎を見つめみてください。贅沢な時間がそこにはあります。慌ただしい毎日の中、そんな ゆっくりした時間が在ってもいいと思います。
その二 それは山口市ならではの事例からです。
posted by Pちゃん at 07:23| 山口 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

年度末

サクランボの花が咲き始めた。
今年も春が来た。

12月末からすこしづつ 様々なことが変わりだし。
年度も替わる。

まずは  動いて考えることにしよう。
動く前に 考えても仕方ない。

早速  4月から…

omote - コピー.jpg

すおうらんぷ www.suoulamp.jp

posted by Pちゃん at 15:41| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。