2017年01月11日

お気に入りのモノ

最近 特に多くのランプの点火をするようになった。が
そんな時に 一番のストレスが・・・
「着火装置(通称 チャッカマン)がスムーズに着かないこと・・」



続きを読む
posted by Pちゃん at 16:34| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

周南冬のツリーまつりC

10494497_672923582802414_222610934819220274_o - コピー.jpg

3、平成11.12年度(橋本会長)
 本格的に青空公園での展開が本格的に始動。どうしても青空公園での実施を理解いただこうと 当時委員長は毎日早朝、自主的に掃除をされていた。(誰も知らない事ながら、この思いが今につながっているのは確か)親会との打ち合わせも真剣勝負さながらの激論だった。皆  盛り上げていこうと熱い想いが満載。駅ビル屋上からのレーザーショー、駅前ロータリーでのスカイダンサーショー等 あらゆる演出もチャレンジした。LEDイルミネーションが全国各地で施され、注目され始めた。この頃 LEDイルミネーションが全国各地で施された。都会的な雰囲気を醸し出すLED。七色の電球はいかにも昭和に見え始めた。アンケートを集めて皆の声として、LED装飾にしようと、いろんな商業施設等でアンケートを実施した。
4、平成13・14年(池田会長)
 青空公園会場が本格的に中心会場となり。御幸通りとの行き来が盛んになる。「線:から「面」への形ができてきた。その間のPH通り、商店街でのイベントも活発に展開され始めた。青年団、各種団体との協働も盛んに展開され始めた。当時 きらら博で大人気の「きらら元気伝説」をステージパフォーマンスで展開、あの感動が蘇った。
posted by Pちゃん at 07:35| 山口 ☁| Comment(0) | 周南冬のツリーまつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

周南冬のツリーまつりB

002 - コピー.jpg


1、 平成7.8年度(木村会長・現周南市長)
それまでは イルミネーションも集中イベント(23日)も御幸通りのみの開催だった。
現郵便局前にステージが組まれ、各種ステージショーが開催された。この頃より「御幸通り」のみの開催から、商店街・さらには 青空公園への「線」から「面」へ展開すべく試みが始まった。
・ステージ位置も現在のロータリー前に移し、通りの両脇にヒマラヤスギのイルミネーションを眺めるロケーションとなる。

2、 平成9・10年度(田中会長)
 青友会会員が扮する100人のサンタクロース、アベックで鳴らすと幸せになるだろう「伝説の鐘」、今では名物となった「音と花火の特効ショー」、はこの時生まれた。途中 お客さんと同じ目線でのイベントを試み、ステージなしの年もあった。イベントのエンディング演出として、県道北の児玉公園で打ち上げ花火を実施。様々なチャレンジ企画を実施する。この頃 「線:御幸通り」から「面:商店街」への始まりがあり、さらなら 広がりとして「青空公園」への実施を試みる。


posted by Pちゃん at 08:21| 山口 ☔| Comment(0) | 周南冬のツリーまつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする